RancherOS の概要


RancherOS は、Docker を活用するための最小かつ最も簡単な手段です。RancherOS に含まれるものは、udevsyslog のようなシステムサービスも含めて、すべてが Docker コンテナです。RancherOS には Docker の実行に必要なサービスしか含まれていないため、他の多くの OS よりも大幅に小さくなっています。必要となるすべてのライブラリはユーザによってそれぞれのコンテナにパッケージ化されるため、不要なライブラリやサービスを削減でき、セキュリティパッチやその他のメンテナンスの要件が大幅に緩和されます。

さらに、RancherOS は常に最新バージョンの Docker を扱うよう設計されているため、ユーザは常に最新の Docker の機能やバグ修正の恩恵を受けることができます。

他の最小構成 Linux ディストリビューションと同じく、RancherOS は非常に高速に起動します。一般的には 5~10 秒です。Docker コンテナの起動は他のプロセスの起動と同じくほぼ即時であり、マイクロサービスやオートスケーリングを採用したい組織にとって理想的だと言えます。

Docker は、開発者やシステム管理者、DevOps 用にデザインされたオープンソース基盤であり、シンプルで強力な CLI(Command Line Interface; コマンドラインインターフェース)を使って、コンテナを構築、出荷(ship)、実行することができます。詳細については Docker ドキュメントを参照してください。

ハードウェア要件

  • 少なくとも 512MB の RAM を搭載した x86_64 サーバ。

注: ディスクへのインストールを計画している場合は、少なくとも 1024MB の RAM が必要です。

仕組み

RancherOS ではすべてが Docker コンテナであり、2つの Docker インスタンスが実行されています。

ひとつは、システムプロセスである System Docker です。この中で、あらゆるシステムサービス(ntpd, syslog, console など)が Docker コンテナとして実行されます。System Docker は、systemd のような従来の init システムに置き換わるものであり、追加のシステムサービスを起動することにも使用されます。

System Docker は、User Docker と呼ばれる特別なコンテナを実行します。これは、すべてのユーザコンテナを管理する Docker デーモンです。ユーザとしてコンソールから起動したコンテナはすべてこの User Docker の中で実行されます。これらは System Docker からは隔離されるため、通常のユーザコマンドがシステムサービスに影響を与えないことが保証されます。

私たちはこの形がとても論理的であると考えていますが、しかし実際には、誰かが docker rm -f $(docker ps -qa) を実行して OS 全体を削除してしまうというよろしくないケースも考えられるでしょう。

仕組み

RancherOS を使う

RancherOS の詳細なインストール方法については、「クイックスタートガイド」を参照してください。

最新のリリース

最新のリリースについては、私たちのリポジトリの README をチェックしてください。



Edit this page